家族葬の花水木(はなみずき)

0120-056-873

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

お役立ち葬儀コラム

会社関係者突然の不幸…遺族に渡す葬儀の香典金額相場は?

2020年8月20日 葬儀の準備

社会に出ると、葬儀に参列する機会が増えると思います。

そんな時に、会社関係者の突然の不幸で香典を用意しようとしますが、相場がわからないという方はたくさんいらっしゃるでしょう。

また、会社関係者遺族への香典は親族や友人の場合と少し考え方が異なり、香典を個人として出すのか法人として出すのかという視点も大切です。

そこで今回は、故人が会社関係の場合の香典金額相場と香典を出す際の注意点についてに具体的に解説していきます。

会社関係者への香典金額相場

会社の同僚の場合

故人が職場の同僚なら相場は、3,000円~10,000円ほどです。

生前に非常にお世話になったり付き合いが親密だったりする場合は、それ以上の金額を包む方もいらっしゃるかと思われますが、他の同僚と足並みをそろえて角が立たないようにすることも大切です。

同僚が複数の場合、連名で出すことが可能です。この場合、相場は1~3万となります。

会社の部下への香典金額相場

故人が自分の部下である場合、同僚の相場と同じで3,000円から10,000円ほどです。

この場合は同僚のときとは立場が異なり、同僚の代表として社長とともに香典を出すことがあります。

このときの注意点ですが、香典の金額は社長より大きくならないようにしましょう。

また、部下や同僚の家族の葬儀に参列する場合、相場は3,000円~10,000円ほどです。

会社の上司への香典金額相場

故人が自分の上司である場合、香典の相場は5,000円から10,000円ほどとなります。

また、故人が直属の上司なのか、どれくらいお世話になった人なのかという点でも金額は変わってきます。

故人の部下が多い場合、部署で一括で出すことも出来ます。その場合、500円~1000円ずつ平等に出すのが一般的と言われています。

会社の社長への香典金額相場

故人が社長である場合、上司の場合と同じで香典の相場は5,000円~10,000円ほどです。

社員が10名未満の会社や日常的に顔を合わせる関係なら連名ではなく個人で出す場合もあります。

また、ある程度大きい会社なら役員がまとめて香典を出すのが一般的です。

また、相続税の関係で会社から香典の額を指定されるケースもあるようです。

このようなケースでは、相場よりも伝えられた額を守ることを優先しましょう。

会社OBへの香典金額相場

故人が元社長や本会長などの会社OBである場合、香典の相場は5,000円~10,000円ほどです。

また、葬儀に参列する場合は同僚と金額を合わせましょう。また、より立場の近い人の金額を超えないように配慮しましょう。

香典を出す際の注意点

香典の金額を考えるときに、『4(死)』と『9(苦)』という数字は「死」と「苦しみ」を想起させるとされており、これらの数字は避けられています。

相場の範囲内に含まれていても、それらの数字を使った金額は包まないようにしましょう。

この場合は不祝儀なので、大きすぎる金額を包むとかえって失礼に当たるので、包まないようにしましょう。

また、連名で香典を出す場合は個人で二重に出すことが無いようにします。

取引先の人への香典金額相場

取引先の会社の重役や担当者が亡くなった場合、立場や関係性によっては葬儀に参列することがあるかと思います。

この場合は基本的には個人ではなく法人として出すようにしましょう。

取引先の場合は、亡くなった方の役職により香典の相場は異なり、故人が社長や会長である場合3万円~10万円、その他の役員や直接の担当者である場合1万円~5万円ほどです。

取引の大きさや会社としての関係性によって、どれくらいの金額を誰が出すのかということを判断しましょう。

家族葬なら香川・徳島の花水木へ

家族葬のことなら、香川・徳島で8会館を運営している家族葬の花水木にお任せください。

お迎えからご納骨までご家族専属の葬儀コンシェルジュが、サポート致します。

また、葬儀後のアフターサポートや不安なことも、家族葬の花水木にご連絡頂ければ、全て解決させて頂きます。

まとめ

最後にまとめさせて頂きますが、故人が会社関係者である場合、相場は故人の立場というよりは故人との関係性で異なります。

香典を渡す場合は注意点を抑えて渡すようにしましょう。

家族葬の花水木は香川・徳島で8会館展開中

【事前相談・お見積もり・終活のご相談】24時間365日受付中
0120-056-873自社スタッフに直接つながります