家族葬の花水木(はなみずき)

0120-056-873

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

お役立ち葬儀コラム

一般葬と家族葬の違いとは?

2021年3月9日 葬儀の準備

葬儀の種類には様々な形式があります。みなさまがよく耳にするのは『一般葬』や『家族葬』といった言葉ではないでしょうか。

そのなかでも近年ではご遺族やご親族などの近親者だけで行う『家族葬』という葬儀のスタイルが広がっています。

『一般葬』と『家族葬』には、どの様な違いがあり、それぞれの葬儀にはどのようなメリット・デメリットがあるのか?ご存じの方も少ないのではないでしょうか。

本記事ではこのような悩みを解決すべく家族葬の花水木が解説いたします。

 

一般葬と家族葬の違いとは?

『一般葬』も『家族葬』も、お通夜・葬儀・告別式の2日間で行う葬儀のスタイルですので、内容はほぼかわらないといえるでしょう。

しかし、『一般葬』のような大勢の参列者の中あわただしくお別れをするのではなく、『家族葬』では少人数で気苦労もあまりなく、故人との最後のお別れの時間をゆっくり、じっくりと思い出を語りながら過ごすことができます。

 

一般葬のメリット・デメリット

一般葬のメリット

◆故人様の功績を惜しみながら、多くの人で最後のときを送り出すことができます。

◆葬儀という場で、故人・ご遺族がお世話になった方たちに感謝の気持ちを伝えることができます。

◆弔問してくださる方たちが、ほとんど葬儀の場に参列するため、葬儀後の個別弔問の対応の可能性が低くなります。

一般葬のデメリット

◆家族の知らなかった故人の交友関係がある方も多いので、弔問される方の人数の予測が困難になる場合があります。

◆葬儀の規模が一定以上になるため、ご遺族の方は各準備に相応の負担がかかることがあります。

◆予想以上に対応に追われ、限られた時間の中で故人とゆっくりとしたお別れをすることが、困難になる場合があります。

家族葬のメリット・デメリット

家族葬のメリット

◆参列される方が、ほぼ身内だけになるので、それぞれのご遺族の形に合わせて、葬儀の内容を宗派や形式にとらわれない葬儀にすることも柔軟に対応しやすくなります。

◆参列者がほぼ身内だけになるため、各準備への精神的・体力的な負担が軽くなります。

◆かぎられた人数での葬儀になるため、故人とのゆっくりとしたお別れの時間がとれます。

家族葬のデメリット

◆香典を辞退するケースも多く、香典を辞退しない場合でも参列者が少ないため、葬儀費用に香典を充てることができなくなり、結果的に葬儀費用の負担が増えることもあります。

◆家族葬という形式に抵抗感を感じ、旧来の『一般葬』の形式を望む方がご親戚などにいる場合は、丁寧な事前の説明が必要になることもあります。

◆葬儀当日の参列者が限られているため、後日個別に弔問してくださるかたへの対応が必要になります。

家族葬なら香川・徳島の花水木へ

家族葬のことなら、香川・徳島で10会館を運営している家族葬の花水木にお任せください。

お葬式の事が初めての方も多い中で、『何もかも解らないことばかりで不安』と言う声をよく耳にします。

家族葬の花水木では、お迎えからご納骨までご家族専属の葬儀コンシェルジュが、サポート致します。

また、葬儀後のアフターサポートや不安なことも、家族葬の花水木にご連絡頂ければ、全て解決させて頂きます。

 

まとめ

ご家族様によってさまざまなお葬式のかたちがあってよいと思います。

故人様のご意向、そしてご家族様にとって最後のお別れに悔いの残らないかたちで故人様を送り出し、みんなが『よいお葬式だった』と納得のいくお別れがよいでしょう。

家族葬の花水木は香川・徳島で8会館展開中

【事前相談・お見積もり・終活のご相談】24時間365日受付中
0120-056-873自社スタッフに直接つながります